《対象施設》
※各バナークリックいただくと各施設ホームページに進みます


若い頃は快適に暮らせた自宅も、歳をとって足腰が弱ると生活の負担が重くなり、危険な場所になることも。また一人暮らしでは「何かあったら」という不安が日々膨らんでくる。そこで考え始めるのがシニア向け住宅への住み替えである。
シニアの暮らし研究所 代表の岡本弘子さんに聞いた。


さまざまなタイプのシニア向け住宅

シニア向けの住宅や施設は、大きく分けて「公共タイプ」と「民間タイプ」に分かれている。

公共タイプは収入に応じた料金で入居でき、費用負担が少なくて済む。

一方民間タイプは高額帯から低額帯までバリエーションが豊富で、内容や予算に合わせて選べるのが特徴だ。

次に、入居対象による分類もある。元気な高齢者に向けた「自立型」と、すでに介護を受けている人を対象とした「要介護型」だ。

公共タイプの自立型には、シルバーハウジングやケアハウスなど、要介護型には特別養護老人ホームや介護医療院などがある。

民間タイプの自立型には自立者向けの有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、シニア向け分譲マンションなどがあり、要介護型には要介護者向けの有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどが並ぶ。

公共タイプは比較的安価で入居できることから希望者が多く、待機者が溢れているため具体的な入居検討は難しい。

その点民間タイプは新規開設も多く、自分に合ったところが見つけやすい状況なので、民間タイプから選ぶのが現実的だ。




できるだけ元気なうちに住み替える

住まい選びの第一歩は「いつ住み替えるか」を考えること。

元気なうちに住み替えるなら自立型のホームや住宅が対象に、介護が必要になってからなら要介護型を選ぶことになる。

どの時期に住み替えるかによって選ぶタイプが絞り込めるので、まず「自分がどのような状態の時に住み替えるか」を想定することから始めよう。

自分にとって最適な住み替え時期は、自宅形態や周囲環境、家族事情などによって個々に異なるが、どんな人にも共通して言えるのは「できるだけ元気なうちに」ということ。

「元気なうちは自宅で暮らし、介護が進んだら施設へ」と考えている人が未だ多いが、それは賢い選択とは言えない。高齢期は環境変化による影響を受けやすく、弱ってからの住み替えはダメージが大きい。

またこれからの住まいを自分で見て納得して選ぶには、頭も身体も元気でないと難しい。さらに住み替えた先で自分らしく第二の人生を過ごすためには、体力・気力が十分保たれているうちが理想といえる。


条件を整理して比較検討を

シニアの住まい選びで一番肝心なのは「自分に合ったところ」を見つけること。

そのためには住み替えて何を解決したいのか、これからどんな生活を送りたいのかを具体的に描いてみよう。

自分の要望が明確になり、それが住まい選びの条件となる。ただすべてを叶えるのは難しいので、優先順位を付けて整理しておくことも忘れずに。

情報をしっかり集めて自分の条件に照らしながら比較検討すれば、最適な住まいが浮かび上がってくるだろう。健康長寿を目指して、今から住まい探しを始めてみよう。


岡本弘子(おかもと・ひろこ)
シニアの暮らし研究所 代表、一般社団法人日本シニア住宅相談員協会 代表理事。16年におよぶ高齢者住宅の入居相談経験をもとに、新聞・雑誌などの取材や執筆をはじめ、年200回以上の高齢者住宅セミナーで講演。「岡本弘子の入居相談室」では、徹底した対面相談で入居者本位の住まい選びをサポートする。一般社団法人日本シニア住宅相談員協会の代表理事を務め、優良なシニア住宅相談員の育成にも注力している。





日時  
会場
参加費
定員
対象
主催
共催
協賛
内容
備考

お問い合わせ